35

性懲りなく「新商品」を準備する米国金融界:日経ビジネスオンライン

2009-02-25 00:51:51

Posted by sakai

Category: その他

僕は「ITとFTの結婚」ということを言い続けているんだけどさ。ファイナンシャルテクノロジーとしてITを使ってね。デリバティブなんていうのはその典型だよね。オンライン情報ネットワーク技術なかりせば、この世に成立しなかっただろうというビジネスモデルですよ。そういうものがつまり、ITで武装した金融ということになった。理工科系の卒業生が金融というところに吸い込まれることによって…。

Tag: tagサブプライムローン tagIT tagイノベーション tag技術革新 

36

生命保険 立ち上げ日誌: サブプライム危機の真犯人

2009-01-27 00:11:15

Posted by sakai

Category: その他

「現在の金融危機を招いたのは、返済能力がない人たちに、金融機関が詐欺まがいの強引な貸し付けを続けたからだ」といった説がまかり通っている(日本だけでなく、米国でも)。しかし、

Tag: tagサブプライムローン tagブログ 

23

未曾有の金融危機は住宅所有者を救済しなければ終わらない|World Voiceプレミアム|ダイヤモンド・オンライン

2008-12-24 08:01:24

Posted by sakai

Category: 海外市況

金融危機の“根本解決”には銀行だけでなく、住宅所有者の救済も必要だとする意見が米国内で増えている。その急先鋒に立つジャック・ラスマス博士は、モラトリアム(支払い猶予期間)設定のほか、住宅ローン元金の減額など4つの処方箋を提案する。

Tag: tagサブプライムローン tagFRB tagインタビュー 

25

経済史から見たサブプライムの衝撃(下):NBonline(日経ビジネス オンライン)

2008-11-21 16:56:38

Posted by sakai

Category: その他

慶応義塾大学の竹森俊平教授と早稲田大学の若田部昌澄教授による対談の第2回目は、金融危機後の世界経済と日本の金融政策の在り方について語っていただきました。

Tag: tag竹森俊平 tag若田部昌澄 tag大恐慌 tagサブプライムローン tag対談 

36

経済史から見たサブプライムの衝撃 (上):NBonline(日経ビジネス オンライン)

2008-11-20 22:35:42

Posted by sakai

Category: その他

この2回のシリーズでは、慶応義塾大学の竹森俊平教授と早稲田大学の若田部昌澄教授による対談を通し、世界を覆う金融危機について経済史をひもときながら考えてみる。  1回目では金融危機について改めて解説。最近の研究に基づいた大恐慌の解釈と、われわれが大恐慌から学ぶべき点とは何かについて語っていただいた。

Tag: tag竹森俊平 tag若田部昌澄 tag大恐慌 tagサブプライムローン tag対談 

40

ジョージ・ソロスによるサブプライム危機の解説 - FIFTH EDITION

2008-11-20 02:19:32

Posted by sakai

Category: その他

この間、アメリカで、ヘッジファンドの大物連中に対するヒアリングが行われました。 その中で、「イングランド銀行を打ち負かした男」として有名なジョージ・ソロスの証言があって、それが最近の危機についてよくまとまっていると思うので、訳してみました。

Tag: tagジョージ・ソロス tagソロス tagサブプライムローン tagブログ 

29

《よく分かる世界金融危機》サブプライム危機はどのように世界に拡大したのか | 産業・業界 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

2008-11-17 10:41:54

Posted by sakai

Category: その他

今回の世界的な金融危機の発端は、米国の住宅市場を舞台としたサブプライムローン(信用力の低い債務者向けの貸し付け)問題だ。住宅価格は上がり続けるという「住宅神話」を前提に、高リスクの借り手に対して金融機関が過剰に貸し込み、2006年後半以降の住宅バブル崩壊で不良債権化し始めた。

Tag: tagサブプライムローン tagモノライン 

22

忍びよる“日本版サブプライムローン”の影 / SAFETY JAPAN [さくら事務所] / 日経BP社

2008-11-12 13:47:32

Posted by sakai

Category: 国内市況

 山一證券が1997年に破綻した翌年の1998年、小渕政権は、住宅建設を重要な景気浮揚対策と位置づけ、住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)を通じ、米国のサブプライムローンと同種のローンを国策として推進した。

Tag: tagサブプライムローン tag住宅ローン tag不動産 

29

内容無保証:諧謔的?金融危機用語集 - Economics Lovers Live

2008-11-09 13:56:12

Posted by sakai

Category: 政策

・LIBOR  ロンドン銀行間取引金利という。「ライボー」と日本語表記されることもある。世界同時金融危機が懸念された9月下旬、この数値が平常よりも急激に高騰した。9月30日のライボーは2%台から一気に7%近くにまで上昇した。なんでこのライボーが重要なのだろうか? 意外におもわれるかもしれないが、銀行は取引するぎりぎりのキャッシュしか持っていない。銀行によってはその日の取引に必要なキャッシュを持っていないところもある。それをキャッシ ・・・

Tag: tagサブプライムローン tagCDS tag投資銀行 tagLIBOR tagリーマン tagAIG tagサミット tagブログ 

23

asahi.com(朝日新聞社):午後3時、突然「全員解雇」 サブプライムで会社破綻 - 社会

2008-11-03 18:04:04

Posted by sakai

Category: その他

米国発の金融不況の波が、日本の生活を脅かしている。不況の波は様々な業界に広がりつつあり、順調に成長していたかに見えた会社にも、余波が押し寄せている。ふだんどおりに出社した人がある日、突然、会社の倒産を知る。そんなことが現実に起きている。

Tag: tagリプラス tagサブプライムローン 

30

切込隊長BLOG(ブログ) Lead‐off man's Blog: 池田信夫氏はいったい何を言っているのだろう

2008-10-18 01:08:50

Posted by sakai

Category: その他

エコノミストの記事を読めば分かるとおり、実務上の手続き論の話をしているのであって、間接金融と直接金融とで分けた規制のジレンマなんてハナからどうでもいい内容なんだよねえ… どう規制しても証券化されるわけでね。今回良く分かったのは、池田氏は長い論文や記事のなかで、自分の持っている世界観と合致した一部分をズームして、それが主題と取り違えて解釈し、さらに直接関係のないその他の文章や引用を持ってきて論理を補強しようとすることが違和感を感じる原因な ・・・

Tag: tag直接金融 tag間接金融 tagサブプライムローン tagブログ 

17

ビジネスにおける人間のALMリスク|山崎元のマネー経済の歩き方|ダイヤモンド・オンライン

2008-10-14 14:08:57

Posted by sakai

Category: その他

たとえば、サブプライム・ローンの証券化商品は金融機関の調達金利以上の表面利回りを持っていたので、銀行がこれに投資すると、問題が発生するまでは大きな利ザヤを稼げていた。この投資の担当者への業績評価とボーナス支払いの単位は通常1年であり、ルール違反がない限り1度支払われたボーナスは返還しなくていい。

Tag: tagサブプライムローン 

32

Business Media 誠:著者インタビュー:今、そこにある“日本版サブプライムローン”の危機(前編) (1/2)

2008-10-07 12:28:13

Posted by sakai

Category: 国内市況

「サブプライムローン問題は“対岸の火事”」と思っている人も多いはず。米国発の金融不安が世界中を駆け巡っているが、日本でも“時限爆弾”がセットされているという。その時限爆弾とは何か? 『日本版サブプライム危機』の著者・石川和男氏に話を聞いた。

Tag: tag住宅ローン tag不動産 tagサブプライムローン 

27

金融日記:金融工学のおかげでアメリカにいっぱい新築の綺麗な家が建った!

2008-10-06 16:09:33

Posted by sakai

Category: その他

サブプライム問題に端を発する一連の金融危機で、何かと悪者にされている金融工学ですが、実際にはしっかりと庶民の役に立っていると言うことをここで声を大にして言いたいです。 まず、サブプライム・ローンとはアメリカの貧乏で信用のない庶民、つまりほとんどのアメリカ国民が住宅を建てるときの借金のことです。 ローンだから、庶民がどこかの金融機関からお金を受け取って家を買って、そんでもって庶民がしこしこ働いて借金をその金融機関に返すわけです。

Tag: tagサブプライムローン tagブログ 

25

米国金融危機とクレジットカードの深い関係 - [All About マネー]All About

2008-10-04 01:24:32

Posted by sakai

Category: その他

サブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)とは、信用力の低い人に向けて貸し出される住宅ローンのことです。サブプライムの対極にあるプライム層との違いは何かというと、クレジットスコア(経済偏差値)の点数です。米国では20年前からクレジットスコアが使われています。個人信用情報機関に入ってくるクレジットカードの返済履歴を加工し点数をつけたもので、「返済に遅れがないか」「借入額が多くないか」「カードの所有枚数は適正か」などによって判断されます。 ・・・

Tag: tagサブプライムローン tagクレジット 

21

米金融危機、付け焼刃の対応策が残した大きな課題|シリコンバレーで考える 安藤茂彌|ダイヤモンド・オンライン

2008-09-25 09:42:07

Posted by sakai

Category: 海外市況

また筆者の経験に戻って話をしよう。筆者が住宅ローンを借り入れたとき、返済条件に3つの選択肢があった。1番目は利息を満額支払い、元本も徐々に返済していく方法。伝統的な返済方法である。2番目は、利息は満額返済するが、元本は全く返済しない方法。これだといつまで経っても借金は減らない。3番目は、利息も一部しか支払わない方法。これだと支払われなかった利息は元本に上乗せされて、借金はどんどん増えてしまう。私は怖くなって1番目の方法を選んだ。

Tag: tagサブプライムローン tagリーマン 

20

ネットゲリラ: 負けたら盆をひっくり返せ

2008-09-23 22:47:35

Posted by sakai

Category: その他

ノンリコースローンというのがどういうモノかというと、不動産を取得するに当たって現物を担保にするのは日本も同じなんだが、日本では担保を処分してもそれだけでは借金は消えないわけだ。担保を処分して赤字になったら、足りない分は借りたヤツの責任で残ってしまう。 ところが、アメリカの住宅ローンでは違う。ノンリースローンなので、借金が返せなくなったら現物を銀行に渡せばオシマイ。いくら借金が残っていても関係ないのだ。借り手にとってはオイシイ話なんだが ・・・

Tag: tagノンリースローン tagブログ tagサブプライムローン 

29

カトラー:katolerのマーケティング言論: リーマンブラザーズの破綻と米国経済の深層で本当におきていること

2008-09-20 20:50:56

Posted by sakai

Category: その他

リーマンブラザーズの破綻のニュースが地球を駆けめぐった。 後世の人々は、この日のことを世界経済という舞台が突然暗転した日として、長く記憶にとどめることになるだろう。

Tag: tagリーマン tagサブプライムローン tagノンリコースローン tagブログ 

20

08年基準地価、下落幅が拡大 サブプライム問題で資金流入急減

2008-09-19 01:03:00

Posted by sakai

Category: 国内市況

 国土交通省が18日発表した2008年の基準地価(7月1日時点)は全国の全用途平均で前年比1.2%下落し、0.5%のマイナスだった07年から下げ幅が広がった。07年まで2年連続で上昇した3大都市圏(東京、大阪、名古屋圏)では伸び率が大幅に鈍った。

Tag: tag不動産 tag地価 tagサブプライムローン 

20

流動性の蒸発は、なぜ起きるのか:NBonline(日経ビジネス オンライン)

2008-09-17 18:26:55

Posted by sakai

Category: その他

―― 可児教授は著書『デリバティブの落とし穴』で過去の巨額損失事件を取り上げ、失敗の原因や取引のポイントを分析されています。米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題に端を発した今回の金融危機と過去の損失事件との共通点はどのようなところにあると考えますか。

Tag: tagサブプライムローン tag証券化 tagインタビュー 

<<前へ12345678次へ>>

カーボンオフセット

ヘルプ
( 2,525 / 5,000 )
記事が投稿されるごとに1ポイントが加算されます。
5,000ポイント貯まれば1トンのCO2排出量をオフセットします。
これまでに1トンのCO2を削減しました。

ユーザリスト

ヘルプ
  • トレフォの携帯サイトも是非ご利用ください。

QRコードからアクセス
携帯サイトURL:http://trefo.jp/

お問い合わせ

ヘルプ
  • トレフォの運営は、トレフォ運営事務局が行っております。

  • プレスリリースはこちらです。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望が御座いましたらお問い合わせフォームからご連絡下さい。