16

自殺のキヤノン研究者に労災認定−−会社の管理責任はどこまで追及される?(1) | 企業戦略 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

2008-06-30 15:56:40

Posted by radio

Category: その他

キヤノンで研究職に就いていた男性が2006年11月末に投身自殺した事件について、沼津労働基準監督署が労災認定を下した。会社側は午後10時以降の残業を原則禁止とするなど過重労働を防止する労働管理を行っていたが、遺族側の主張では、自宅への持ち帰りも含め、直前期には月200時間超におよぶ残業を行っていたとされている。今回の事件で、キヤノンの責任はどこまで追及されるべきなのか。

Tag: tagキャノン tag労災 

<<前へ1次へ>>

カーボンオフセット

ヘルプ
( 2,525 / 5,000 )
記事が投稿されるごとに1ポイントが加算されます。
5,000ポイント貯まれば1トンのCO2排出量をオフセットします。
これまでに1トンのCO2を削減しました。

ユーザリスト

ヘルプ
  • トレフォの携帯サイトも是非ご利用ください。

QRコードからアクセス
携帯サイトURL:http://trefo.jp/

お問い合わせ

ヘルプ
  • トレフォの運営は、トレフォ運営事務局が行っております。

  • プレスリリースはこちらです。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望が御座いましたらお問い合わせフォームからご連絡下さい。