15

小口化が進む「投信ラップ」は本当に魅力的か?|お金の教室|ダイヤモンド・オンライン

2008-05-23 11:49:06

Posted by radio

Category: その他

買付手数料は購入時に1回だけかかるコストなので、長期保有すると、年率のコストは信託報酬に近い水準になっていく。したがって投資信託で長期運用することを前提とすれば、投信ラップのほうがコストが高くなる。

Tag: tag投信ラップ tag長期投資 

<<前へ1次へ>>

カーボンオフセット

ヘルプ
( 2,525 / 5,000 )
記事が投稿されるごとに1ポイントが加算されます。
5,000ポイント貯まれば1トンのCO2排出量をオフセットします。
これまでに1トンのCO2を削減しました。

ユーザリスト

ヘルプ
  • トレフォの携帯サイトも是非ご利用ください。

QRコードからアクセス
携帯サイトURL:http://trefo.jp/

お問い合わせ

ヘルプ
  • トレフォの運営は、トレフォ運営事務局が行っております。

  • プレスリリースはこちらです。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望が御座いましたらお問い合わせフォームからご連絡下さい。