9

発泡スチロール減容機でリサイクルは環境保護に対する需要のバランスをとっている

2021-02-21 22:32:17

Posted by haileechen

Category: 国内市況

かつて、環境保護論者は発泡スチロール製品の使用を全面的に禁止するよう強く主張しました。ただし、COVID-19の間、ゴーグル、手袋、防護マスクなどのプラスチック製品が、医療スタッフはウイルス感染しないように保護するための基礎となりました。発泡スチロールへの依存を取り除くことはできません。それはこの流行で気づきました。発泡スチロールの廃棄物は最深部の海底と最高峰に広がっています。それは発泡スチロールの汚染を早急に解決する必要があることを注意されます。発泡スチロール製品の使用を完全に拒否できない場合、どのように環境保護と発泡スチロールの使用のバランスをとることができますか。発泡スチロールのリサイクルが唯一の選択となりました。
GREENMAX発泡スチロール減容機-200708
発泡スチロールの溶かし方やリサイクルの主なプロセスは、収集、圧縮、造粒、再製造に分けられます。その中でも、圧縮は、発泡スチロールのリサイクルコストを削減し、リサイクル効率を向上させるための重要なリンクです。プロのリサイクル業者は発泡スチロールのリサイクルを実行する前に、発泡スチロール減容機の高圧縮比の高密度化装置を購入します。発泡スチロールのデンシファイアは、ホットメルトスクリュー技術を使用しており、粉砕と加熱を組み合わせることにより、発泡スチロールの空気量が押し出され、発泡特性が変化します。圧縮後、発泡スチロールは流水のように流出し、冷却後はレンガのように固まるため、発泡スチロールインゴットと呼ばれ、発泡スチロール廃棄物の体積比は90:1に達することがあります。
発泡スチロールインゴット
発泡スチロール減容機で廃棄物をインゴットに変換された後、リサイクル業者によってハンガー、文房具、模造木材、フォトフレームなどの生産メーカーに販売されます。不必要な発泡スチロールの削減と発泡スチロールのリサイクルに基づいてよく議論される循環経済モデルです。それは現時点で達成できる最高のバランスです。

Tag:

  • 保存する
  • タグを追加
  •  ※これらの操作にはログインが必要です。

コメントを入力するにはログインしてください。

ログインする ユーザー登録する

カーボンオフセット

ヘルプ
( 2,525 / 5,000 )
記事が投稿されるごとに1ポイントが加算されます。
5,000ポイント貯まれば1トンのCO2排出量をオフセットします。
これまでに1トンのCO2を削減しました。

ユーザリスト

ヘルプ
  • トレフォの携帯サイトも是非ご利用ください。

QRコードからアクセス
携帯サイトURL:http://trefo.jp/

お問い合わせ

ヘルプ
  • トレフォの運営は、トレフォ運営事務局が行っております。

  • プレスリリースはこちらです。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望が御座いましたらお問い合わせフォームからご連絡下さい。