7

歯に問題が生じやすくなります

2020-06-29 12:44:24

Posted by Janetoko

Category: その他

歯の矯正の過程で、歯周膜、歯槽骨などの構造もそれなりに改善されます。一部の患者は歯の軽度の緩み、酸膨張の不調、咀嚼の力がないなどの情況が現れて、これはすべて治療の過程の中の正常な反応で、心配する必要はありません。矯正が終わると、これらの現象がなくなり、歯が正常に戻ります。
以前、「妊娠7ヶ月の時、親知らずに炎症を起こした母が、ほとんど流産しました」というニュースがありました。
https://www.shikasale.com/category-203-b0-%E5%8F%A3%E8%85%94%E5%A4%96%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%EF%BC%88%E3%83%90%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%89.html

湖北の張さんは妊娠7ヶ月の時に、突然の歯痛で病院に行って検査して、親知らずの炎症と診断されました。張さんは妊娠月が大きすぎて、一部の洗浄と投薬で炎症を緩和します。次の3ヶ月間、張さんは一週間ごとに歯を洗いますが、いつでも流産の危険に直面しています。幸い、保守治療で炎症を抑え、男児を無事出産しました。張さんはいろいろ苦労しましたが、結果はまだ悪くないです。運がちょっと悪いと、考えられないですね。

この真実な実例は私達に教えて、歯を抜いて妊娠を用意して、時には本当です!
なぜ歯医者はいくつかの女性の友達に妊娠する前に親知らずを抜くように勧めますか?
いくつかの親知らずは、普段なら口腔外吸引装置歯医者が「痛くないなら腫れていなくても大丈夫です」と言うかもしれませんが、妊娠すると聞いてすぐに口ぶりを変えて、「抜いてください。妊娠中は面倒です」と勧めてくれます。
おかしいですか?原因は「妊娠」です。
女性が妊娠すると、体内ホルモンが大幅に変化し、歯に問題が生じやすくなります。まず歯肉炎(歯肉肿痛出血)の発生率が急激に増加し、2008年に上海の妊婦700人の検査で妊娠中歯肉炎の発症率が73.6%に达し、歯肉肿疡(歯肉に肿疡状物ができている)の発症率も増加していることが分かりました。

Tag: tag歯に問題が生じやすくなります 

  • 保存する
  • タグを追加
  •  ※これらの操作にはログインが必要です。

コメントを入力するにはログインしてください。

ログインする ユーザー登録する

カーボンオフセット

ヘルプ
( 2,525 / 5,000 )
記事が投稿されるごとに1ポイントが加算されます。
5,000ポイント貯まれば1トンのCO2排出量をオフセットします。
これまでに1トンのCO2を削減しました。

ユーザリスト

ヘルプ
  • トレフォの携帯サイトも是非ご利用ください。

QRコードからアクセス
携帯サイトURL:http://trefo.jp/

お問い合わせ

ヘルプ
  • トレフォの運営は、トレフォ運営事務局が行っております。

  • プレスリリースはこちらです。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望が御座いましたらお問い合わせフォームからご連絡下さい。