12

甦る農業――企業が生産効率を持ち込む、製販一体で付加価値を創出(1) | 産業・業界 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

2008-11-25 09:48:48

Posted by sakai

Category: 国内市況

千葉県・富里市。ある畑で収穫されたニンジンが、シーズンの初出荷を待っていた。畑の名は「セブンファーム富里」。セブン&アイ・ホールディングス傘下、イトーヨーカ堂の直営農場だ。今年8月、富里市農業協同組合(JA富里)と共同出資で設立した(ヨーカ堂は10%出資)。収穫した野菜は、県内を中心とした5店舗で販売する。

Tag: tag農業 tagセブン&アイ tagサイゼリヤ tagカゴメ 

<<前へ1次へ>>

カーボンオフセット

ヘルプ
( 2,525 / 5,000 )
記事が投稿されるごとに1ポイントが加算されます。
5,000ポイント貯まれば1トンのCO2排出量をオフセットします。
これまでに1トンのCO2を削減しました。

ユーザリスト

ヘルプ
  • トレフォの携帯サイトも是非ご利用ください。

QRコードからアクセス
携帯サイトURL:http://trefo.jp/

お問い合わせ

ヘルプ
  • トレフォの運営は、トレフォ運営事務局が行っております。

  • プレスリリースはこちらです。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望が御座いましたらお問い合わせフォームからご連絡下さい。