17

気鋭の経済学者が米国凋落説に反論! 「ドル信認崩壊の証拠はどこにもない」|キーパーソンが語る通貨の行方|ダイヤモンド・オンライン

2008-12-25 07:46:07

Posted by sakai

Category: 海外市況

――ドル基軸通貨体制は崩れ去る運命にあるのか。  そう決めつけるのはどうか。少なくともドル需要が崩れ去る兆候は見られない。  中国などは金融危機の後、対ドルの為替相場管理をいっそう強化しているが、これは今後も外貨準備の大半をドルで保有し続けるというメッセージだ。

Tag: tag基軸通貨 tagドル tagインタビュー 

16

Tsugami Toshiya's Blog - 国際通貨体制のこれから (その4)

2008-12-03 07:56:37

Posted by sakai

Category: その他

日本はいっとき 「円の国際化」 を夢想したが、遂に果たせなかった。チャンスがあったとすれば1980年代後半のいっときだが、二つの理由から 「チャンスが来たのに見送ってしまった」 というより 「チャンスが巡ってこなかった」 のだと思う。   理由の一は、1980年代はまだ冷戦さなかで 「西側」 の結束が重要だったことだ。その 「冷戦」 文脈の中で日本はプラザ・ルーブル両合意を受け容れ、バブルとその崩壊へ向かっていった。  その後 「債権 ・・・

Tag: tag基軸通貨 tagブログ 

17

Tsugami Toshiya's Blog - 国際通貨体制のこれから(その3)

2008-11-30 20:24:39

Posted by sakai

Category: その他

前回のポストで 「中国は中米マクロ経済の 『コインの表裏』 関係が一朝一夕に変えられないことから当面 『ドル基軸』 体制の維持に協力するが、中長期的な国際通貨体制のあり方を睨んで 『為替管理体制の市場化』 に努力し、米国債の購入の削減を続けていく。それは対米 『カード』 として有効なだけでなく 『人民元の “hard currency” への出世』 に不可欠だからだ」 と述べた。 「論を翻す」 ようで申し訳ないが、これは理想型であり、道 ・・・

Tag: tag中国 tag基軸通貨 tagブログ 

23

Tsugami Toshiya's Blog - 今後の国際通貨体制、中国はどう出るか

2008-11-30 20:24:13

Posted by sakai

Category: その他

「危機の震源地なのに “Seniority” の特権を失わないせいで、米ドルがユーロを始め大多数の通貨に対して増価している」 という一橋大学小川教授の解説に納得した話の続きを中国にこと寄せてしたい。

Tag: tag中国 tag基軸通貨 tagブログ 

20

Tsugami Toshiya's Blog - 国際通貨体制のこれから (その1)

2008-11-29 14:19:59

Posted by sakai

Category: その他

「ユーロはユーロ圏およびEU域内における決済通貨として利用されているものの、域外諸国とは依然としてドルを決済通貨として利用せざるをえない」 とあるのを読むと、11月のG20金融サミットの前後にサル誇示、おっと変換間違い、Sarközy 氏が 「ドル基軸体制の終焉」 みたいなことを言い立てた背景が浮かび上がってくるような気がする。

Tag: tag基軸通貨 tagユーロ tagドル tagブログ 

22

【PDF】ジム・ロジャーズ氏インタビュー 『ダイワ・コモディティインデックス・ファンド(ジム・ロジャーズ世界探検記)』

2008-11-23 08:38:50

Posted by sakai

Category: その他

11月3日、シンガポール在住のジム・ロジャーズ氏にインタビューを行いました。その収録内容につ いてファンドレターとしてまとめましたので、ご参考までに紹介いたします。

Tag: tagジム・ロジャーズ tagインタビュー tagコモディティー tag基軸通貨 tagpdf 

17

G20金融サミットを終えて思う将来のドル安の可能性|山崎元のマルチスコープ|ダイヤモンド・オンライン

2008-11-19 11:34:05

Posted by sakai

Category: その他

 マーケットからすれば、新しいことが出てくると、一種の波乱要因でも、期待要因でもあったが、今回のG20を一言で要約すると、来春の第2回会合の約束のみが具体的な成果だったといえよう(次の会議の予定だけが決まることは、会社の会議でもよくあることだ)。

Tag: tagG20 tag金融サミット tag基軸通貨 

15

「世界通貨」で復権狙うイギリス - 田中宇

2008-11-16 23:32:14

Posted by sakai

Category: その他

米国の経済崩壊、ドル覇権体制の崩壊に備えた、英国の新たな世界戦略の一つが、かいま見えてきた。それは、1944年のブレトンウッズ会議で英国代表のケインズが提案したが、米国の反対によって実現しなかった世界共通通貨(国際決済通貨)「バンコール」(bancor)の構想を復活させることである。

Tag: tag基軸通貨 tagブレトンウッズ tagスティグリッツ tagブログ 

29

米ドルはもはや世界の基軸通貨ではない。IMFがドルに代わる新しい国際決済通貨を発行する - 株式日記と経済展望

2008-11-15 20:51:20

Posted by sakai

Category: その他

ドルの価値は石油と軍事力とウォール街の金融資本主義が支えてきたのですが、金融資本主義も崩壊してきました。残るのは石油と軍事力ですが、石油支配は軍事力が支えているのですが、軍事力はアメリカの経済力が支えている。ということはウォール街の金融資本主義がコケれば軍事力も縮小されて、イラクのアメリカ軍は撤退して行く。アメリカ軍が中東から撤退すればサウジや湾岸産油国はドル離れを加速するだろう。

Tag: tagドル tagIMF tag基軸通貨 tagブログ 

22

「ブレトンウッズ2」の新世界秩序 - 田中宇

2008-10-18 01:02:42

Posted by sakai

Category: その他

前回の記事で、ブラウン政権のイギリスが、金融危機への国際的な対策を打つ際の主導権を、失敗ばかりしているブッシュ政権のアメリカから奪取しようとする動きが始まっていることを書いたが、10月15日、英による画策が、ひとつの形として浮上した。英が主導するEUが、世界に向かって「国際金融体制を安定させるための、第2のブレトンウッズ会議を早急に開こう」と呼びかけたのである

Tag: tag基軸通貨 tagドル tagEU tagブログ 

<<前へ1次へ>>

カーボンオフセット

ヘルプ
( 2,525 / 5,000 )
記事が投稿されるごとに1ポイントが加算されます。
5,000ポイント貯まれば1トンのCO2排出量をオフセットします。
これまでに1トンのCO2を削減しました。

ユーザリスト

ヘルプ
  • トレフォの携帯サイトも是非ご利用ください。

QRコードからアクセス
携帯サイトURL:http://trefo.jp/

お問い合わせ

ヘルプ
  • トレフォの運営は、トレフォ運営事務局が行っております。

  • プレスリリースはこちらです。

  • お問い合わせ、ご意見・ご要望が御座いましたらお問い合わせフォームからご連絡下さい。